電磁波防止グッズを買うべき3つの理由 対策グッズの価格詳細はお問い合わせを

電磁波が人の健康に害を及ぼす可能性について、見聞きしたことがある人は多くても、実際に何らかの対策を行っている人は少数派です。目に見えない電磁波を普段意識することは少ないですが、電磁波はいたる所に存在するものなので、日頃からきちんと対策することが大切です。

本記事では電磁波対策の必要性と、電磁波対策に役立つ防止グッズの2種類とその特徴についてご紹介するので、ぜひご参考ください。

電磁波対策をするべき3つの理由

パソコンを操作する人

電磁波対策の重要性は昔から注目されていましたが、近年はさらにその傾向が強まりつつあります。ここでは電磁波対策をするべき理由を3つご紹介します。

1.電化製品の増加

現代は昔に比べて、便利かつ低価格な家電製品が広く流通するようになりました。とくにスマホやパソコンの普及率は非常に高く、現代人は公私ともに電磁波の影響を受けやすい環境で生活をしています。

こうした電化製品のなかには仕事や生活の必需品も多く含まれるため、日頃からの電磁波対策が推奨されます。

2.日本は電磁波の影響を受けやすい

200V以上の高電圧が主流な海外では、感電防止のために電気を大地に逃がすためのアースをつけることが義務づけられています。一方、日本では100Vの低電圧が主流であるため、アースのついていない家電製品が広く普及しています。

電場が帯電しやすいため、日本は電磁波の影響を受けやすい環境なのです。

3. 体へ悪影響

疫学研究が進んでいる欧米では、電磁波が人体にもたらす悪影響に関する調査報告が相次いでいます。なかには小児性白血病やがんの発生率増加のおそれがあるという指摘もされています。そのせいか、欧米では電磁波防護基準の法制化や電磁波測定方法の規格化などが進められています。

しかし、電磁波対策に関して後進国である日本では、明確な基準や対策が確立されていません。電磁波対策の環境が整備されていない以上、電磁波から身を守るためには自分で何らかの対策をする必要があるといえます。

サウンドヒーリング きらでは、日常生活で手軽に電磁波対策できる電磁波防止グッズを取り扱っております。場所を選ばず使えるペンダントトップや、広域の電磁波対策に役立つオブジェなど、シーンに合わせて活用できるグッズを販売しておりますので、日常生活のなかで電磁波対策したいという方は、ぜひご利用ください。

電磁波防止グッズの種類と特徴

テクノAO ミニエネルギーバランサー(TAMB)

最近は日本でも電磁波リスクの認知度が上がり始め、電磁波防止グッズが開発・製造されるようになりました。ここでは、日常生活で使える電磁波防止グッズを2種類紹介します。

1.電磁波カット&低減タイプ

電磁波の発生原理に着目し、代替技術によって電磁波を物理的にカット&低減するタイプの防止グッズです。代表的な例として、電磁波の代わりにパワースチームを採用した電子レンジ、遠赤外線で調理するIHクッキングヒーターなどが挙げられます。現行の家電を電磁波カット&低減タイプの製品に買い替えることで、日常生活上の電磁波発生を抑えることができます。

2.高波動付加タイプ

浄化作用のある素材などを使用して電磁波の影響を抑える防止グッズです。身につけたり、部屋に置いたりすることで電磁波対策を行えます。用途に応じて使い分ければ、シーンを問わずに電磁波を防止できます。電磁波カット&低減タイプの家電を揃えつつ、高波動付加タイプで対策するのが理想ですが、最先端の技術が搭載された家電製品は価格が高く、経済的な負担が大きくなるでしょう。

まずは比較的安い価格で購入できる高波動付加タイプの防止グッズで対策を行い、少しずつ電磁波対策用の家電を揃えていくとよいです。サウンドヒーリング きらでは、高波動付加タイプの電磁波防止グッズを通信販売しております。様々な種類をご用意しているので、電磁波防止グッズの詳細や価格を知りたい方は、こちらからご確認ください。

電磁波防止グッズを上手に活用して電磁波対策を!

日本は欧米に比べて電磁波対策の環境が整っておらず、電磁波の影響を受けやすい状況にあります。電磁波を浴び続けると健康に害をもたらすという研究結果も報告されていますので、電磁波防止グッズを上手に活用して、日頃から電磁波対策を万全にしておきましょう。

サウンドヒーリング きらでは、外出時や室内の電磁波対策におすすめの電磁波防止グッズを取り扱っております。用途やシーンに応じて使い分けできますので、手軽にできる電磁波対策をお探しの方はぜひご利用ください。

電磁波防止グッズを活用して電磁波対策を行うならサウンドヒーリング きらへ

サロン名 サウンドヒーリング きら
住所 〒521-1147 滋賀県彦根市薩摩町(ご予約時に詳しい住所はお知らせします)
TEL 090-1483-8383
MAIL
URL http://shkira.jp/
営業時間 月〜土: 10:00 AM –18:00 PM
定休日 日曜・祝祭日 ※完全予約制※